パチンコで負けた時ってどうやって気持ちを切り替える?

パチンコをやっていれば誰しも負ける時があるでしょう。
自分も2万とか3万とか一日の最大負け額を決定してからホールに向かっても、
ノーボーナスとかでその予算が消化された場合は、「ありえん!」とムキになり、
ATMでお金を下して結局5万、6万の負けになることはザラにありました。

そんな時に大事なのが負けた時の気持ちの切り替えです。
まあ人それぞれ必ず立ち直るための方法があるでしょう。

パチンコを辞めたいと思っている人なんかは、その負けたお金を使って
買えたはずのものを想像して「勿体ない」と思うのはよくあるパターンです。
パチンコを辞めたいと思っていない人でも負けた時に、負けた金額で
購入できたものを想像するのはよくあるパターンですよね。

自分の場合は負けた時に切り替えるようなことはしませんでした。
だってどんなに切り替えたところで悔しいことには変わりません。

それよりも、自分は負けた時はとことんダメ人間になりました。
まあ一番わかりやすいのは酒ですよね。
浴びるほどに飲んで次の日も二日酔いみたいなぐらいになってリセットします。

そして、次の日には必死に「長い目で考えよう」と言い聞かせます。
長い目で考えるというのは負けを点で考えずに線で考えます。
しかも、未来の線です(笑)

過去の線で繋げると、大敗している現実しかないので未来の線であることが重要です。
来週負けた金額以上勝てばプラスになるから苦しいのは今だけだと。
そうこうしている間に借金はどんどん膨れ上がって行きました(笑)

関連記事:パチンコで負けすぎて無職で150万の借金を背負う